春の旅特集

桜ほころぶ春の旅

春の訪れを感じる旅にでませんか

今年のお花見は何処へ行こう?いつものお花見スポットもいいけれど、折角だからいろんな桜も見てみたい!そんな貴方にお届けします。全国には様々な種類の桜があり、どの桜も可憐な姿で訪れる人を和ませてくれます。いつもと違う風景を、絶景の春の景色を満喫してみませんか。みる旅がおススメする春旅を紹介します。

本州でいち早く春の訪れを感じる景色が、伊豆にはあります。早咲きの色鮮やかなピンク色の河津桜は、2月辺りから約1か月間、河津に春の訪れを感じさせてくれます。また、河津桜の周辺には源泉が噴き上がる大噴湯があり、自然の力強さは迫力そのもの。
桜と合わせて菜の花じゅうたんも楽しめまた、少し足を伸ばせば波勝崎苑に住むお猿さんにも出会えます。餌やりもできたりと楽しさ満載の春の旅をお届けします。

吉野山を覆い尽くすほどの桜が咲き乱れ、3万本とも云われており世界遺産に登録されている奈良県吉野山。桜の名所で有名な地で、吉野山に咲く白山桜と呼ばれる山桜がほとんどです。吉野の桜の素晴らしさは遠景にあり、多くの桜が「一目に千本見える豪華さ」という意味で「一目千本」と云われるほど。
山桜は4月初旬あたりから末まで長く見頃を楽しむことができます。歴史深い吉野山で古人の眺め見る風景と思いを重ね合わせばまた、違った風景にも出会えることでしょう。

長野県伊那市の「高遠城址公園」はさくら100選になった桜の名所でもあります。旧高遠藩士が桜を移植し今のような桜の名所と呼ばれるまでになりました。
「天下第一の桜」と呼ばれる所以は、1500本もの珍しい品種の「タカトオコヒガンザクラ」という品種であることから天下第一と呼ばれたのでしょうか。この品種の桜は高遠でしか見られない品種なんだそうです。
「天下第一の桜」一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

今までにみたことのない風景を
可憐なサクラの姿を愛でる旅

PAGE TOP