吉野山

三万本の桜が染める吉野山の魅力

奈良県吉野山は日本固有の宗教、修験道が息づき世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されています。三万本もの古来桜が吉野山を覆い尽くす山桜は訪れる人を圧倒させます。豊かな吉野山の山桜を眺めながらの修行は厳しい中の束の間の安らぎとなったのでしょうか。吉野山の魅力は「遠景」にあります。多くの桜が一目に千本眺められる豪華さとして、「一目千本」と呼ばれています。

南北約8kmにも渡り吉野山を埋め尽くす桜の開花時期は、手前から尾根づたいに更に、谷川から山の頂上まで咲ききるまで、長く桜を楽しむことができます。吉野山全てを桜が埋め尽くす豪華さはまさに、春爛漫といったところでしょうか。

吉野山の桜は「下千本」「中千本」「上千本」と分かれており、世界遺産「金峰山寺」など見どころが多くあります。のんびりと散策するには良いコースですね。

山寺や神社も多く上から眺める吉野山は絶景ですね。目の前に広がるパノラマビューを堪能しましょう!

「吉野本葛」が高級な理由とは

葛はマメ科のツル性植物で、花・茎・根と全てが使われており、葛は根から採取した澱粉が葛となりここ、吉野で採取された葛は特に高級とされています。ではなぜ高級なのか?それは製造方法によるもので、真冬の極寒期に地下水のみで精製される工法を「吉野晒らし」と呼ばれ、繊細で滑らかな舌触りとなり精製、乾燥を繰り返してできたものだけが「吉野本葛粉」と呼ばれる高級な葛となります。

葛は和菓子や料理などにも多く使われ普段の生活にも根付いているものですね。吉野を訪れたなら是非、「吉野葛」をお土産におススメします。

高級な「吉野葛」がここでは、手ごろな値段で購入できます。元々、葛粉は高級品なので都会で買うにはなかなか手が出せないかも?

気軽に葛を頂くなら、お店の軒先で葛餅を頂くことができます。陽気な空の下でのんびりと桜を眺めながら葛餅を頂きましょう。


基本情報

*名称     吉野山

*住所     奈良県吉野郡吉野町吉野山2430

*公式サイト  吉野山観光協会


 

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP